2009年 04月 13日
山辺の道 内山永久寺跡
大和では東大寺・興福寺・法隆寺に次ぐ待遇を受ける大寺であり
その規模の大きさと伽藍の壮麗さから、江戸時代には「西の日光」とも呼び習わされた。

しかし、今は見る影もなく大半は農地となり、境内をしのばせる池が残っているだけ・・・。

b0138459_2028761.jpg


b0138459_20282084.jpg


b0138459_20283323.jpg


b0138459_20285217.jpg


b0138459_2029348.jpg


b0138459_20291980.jpg


b0138459_20293055.jpg

[PR]

by peechan2008 | 2009-04-13 20:32 | 写真


<< 桜のある風景 二景      吉野山 春爛漫 その3 >>