2009年 06月 29日
梅雨の晴れ間の談山神社
昨日の吉野山のあと、一山越えて桜井市の談山神社(たんざんじんじゃ)へと向かった。

着いた頃から雲が切れて強い日差しが差し込み真夏の太陽が顔を見せる。

コントラストが強く私の苦手な撮影となりました・・・。



EOS5DⅡ
EF16-35 LⅡ
EF24-105 L
EF70-200 2.8L
C-PL・三脚



境内に残る樹齢約600年の「薄墨桜(うすずみざくら)」に、「小(こ)つづみ桜」という呼称がつけられました。

 薄墨桜は高さ約17メートル。春に美しい花を咲かせる。
中世、多武峰一帯に多く自生していたが、「延年舞」、「猿楽」などの鼓(つづみ)の材料として
次々に伐採された。現存するのは、この1本だけ。

 神社関係者らは「芸能史に残る名木だ。大切にしたい」という。昨年夏、木の根を踏まぬように、
そばの小道に木製の「愛桜橋」を設けて保護活動を続けている。(毎日新聞より抜粋)

        小つづみ桜
b0138459_19314729.jpg


b0138459_19354395.jpg


b0138459_19355788.jpg


b0138459_19361219.jpg









b0138459_19364770.jpg


b0138459_19371364.jpg


b0138459_19372747.jpg


b0138459_19374433.jpg




後ろの権殿が平成の大修理中ですのでなるべく画角に入らないように・・・。
b0138459_19375970.jpg


b0138459_1939370.jpg



最後にお決まりの構図で・・・。
b0138459_19391424.jpg


お天気が良すぎて、ありきたりの写真になっちゃいました(>_<)
[PR]

by peechan2008 | 2009-06-29 19:49 | 写真


<< たそがれの大和平野眺望      山桜と紫陽花 >>