2009年 08月 16日
春日大社中元万灯籠
春日大社の万灯籠は、約800年前から行われて来た行事。

3000基の境内にある灯籠は、昔から今日に至るまで、一般庶民から奉納されたものだそうです。

昔は油料の続く限り毎晩点燈された記録があるようです。

油と人員の不足から近年は年2回、2月の節分とお盆の14日、15日に行われるようになりました。



春日大社の方の計らいで今年初めて万灯籠を見させていただきました。 感謝m(__)m



EOS5DⅡ
EF24-105 L
EF50 1.8Ⅱ
手持ち




b0138459_9314570.jpg

   黄金に輝く新しい灯篭が何年もの歳月をかけて変わっていきます。
   人間の一生なんて比べものにならない時間・・・。
b0138459_9341616.jpg

b0138459_9445251.jpg















さまざまな願いをこめて、それぞれが浄火を入れます。
b0138459_9481277.jpg


私も入れさせていただきました。
b0138459_9453063.jpg

b0138459_950676.jpg

b0138459_9501654.jpg

b0138459_9542424.jpg



    本殿の前では舞楽の奉納が行われます。
b0138459_9502432.jpg

b0138459_9503382.jpg

b0138459_9504228.jpg

b0138459_9505373.jpg
b0138459_951929.jpg

b0138459_9543782.jpg



灯篭の灯りが朱色の回廊をやさしく照らし夕暮れ時の幽玄な雰囲気を堪能できました。

このあと東大寺の万燈会を訪れました。
[PR]

by peechan2008 | 2009-08-16 10:00


<< 東大寺大仏殿 万燈供養会      番外編・・・滋賀県近江八幡 >>