2009年 08月 27日
もう一つの薬師寺
藤原京の薬師寺は天武9年(680年)天武天皇が皇后(後の持統天皇)の

病気平癒を発願して建立され、壮大な伽藍を持っていました。

平城遷都の後の養老2年(718年)に平城京に移築され、現在の西ノ京の薬師寺となりました。

西ノ京の薬師寺に対して藤原京にあった薬師寺を本薬師寺(もとやくしじ)と呼んでいます。


EOS5DⅡ
EF16-35mm F2.8L II USM
EF70-200mm F2.8L USM



  現在は周囲の休耕田にホテイアオイが群生しています。
b0138459_21464690.jpg





    東塔の礎石

  1300年以上前には、ここに東西の二塔がそびえていました。
  礎石の規模から現薬師寺と同じ規模の塔だったと推測されます。
  中心の心柱の中にもホテイアオイが咲いていた。
b0138459_21455698.jpg


b0138459_21531057.jpg


b0138459_2154573.jpg


b0138459_21551576.jpg


b0138459_2158371.jpg

[PR]

by peechan2008 | 2009-08-27 21:58 | 写真


<< 路傍の花(ご近所シリーズ)      薬師寺 大池の朝 >>