2009年 10月 05日
幻の大仏鉄道
大仏鉄道とは、JR関西本線「加茂駅」から現在の奈良駅の北約1kmの地点に

取り敢えず仮設的に作った距離約8kmの路線の通称です。

明治31年4月19日開業。

明治40年8月21日に廃線となり、9年という短い生涯を閉じました。

当時の資料は乏しく、その全容を知る事は難く、正しく幻の鉄道といえる路線です。




通称 赤橋
この上を鉄道が走っていた。
今は道路となって自動車が走る。
b0138459_20305126.jpg



鉄道の築堤の様子がよくわかる。
線路を敷いたら今すぐにでも汽車が走りそうです。
b0138459_20323593.jpg



梶ヶ谷トンネル
これも鉄道をくぐるトンネル。
イギリス積みレンガと御影石の贅沢な造り。
b0138459_20345779.jpg




ある春の日の梶ヶ谷トンネルへと向かう小道。
b0138459_2038421.jpg



聞いた話なのですがニュータウン計画でこれらの遺構が取り壊されるらしい。

木津川市(京都府)には、このような歴史的資産を残そうという意識 姿勢がないんでしょうか。

幼い頃、プチ鉄道ファンだった私には残念でならない・・・。
[PR]

by peechan2008 | 2009-10-05 20:45 | 雑談


<< 朝の散歩      中秋の名月・・・の翌日(>... >>