2009年 10月 09日
平城宮第一次大極殿正殿復原事業その3
「平城」と書いて「なら」と読む。

なぜ「なら」と読むのかは諸説あるそうですが、一番有力なのは「平坦な都」という意味。

平坦にすることを「土地をならす」といいます。

奈良盆地(大和平野)の平坦な場所にできた都なので、そう呼んだのでしょうか。




全容を現した大極殿。

はたして1300年前の平城京に実在した大極殿はこのような姿だったのか?

それは誰にもわからない・・・。

紙に書かれた設計図が残っているわけでもなく。

もちろん写真なんて有るわけなし。

天平時代の建築様式を参考にして復元された大極殿。

当時の素晴らしい建築技術に、ただただ感嘆する。


EOS5DⅡ
EF24-105mm F4L IS USM



b0138459_2216143.jpg

b0138459_22162578.jpg

[PR]

by peechan2008 | 2009-10-09 22:17 | 写真


<< 法起寺夕景      2007年 多武峰(とうのみね... >>