2010年 03月 18日
「太陽の道」・・・北緯34度32分
春分の日と秋分の日。

太陽の通り道。

伊勢から昇った太陽は三輪山(檜原神社)を通り淡路に沈む。

古代の人々は、この太陽を崇めた。

そのライン上に太陽崇拝と思われる古代祭司遺跡がつながっている。

太陽が沈んでいくその先に極楽浄土があるのでしょうか。




春分の日には、まだ少し日があるけど・・・。
その日が晴れるとは限らないので17日の晴れを利用して檜原神社へ出かけた。
b0138459_22463339.jpg

b0138459_22471828.jpg




黄砂の影響でしょうか。
沈む前から太陽は黄色かった。
b0138459_22482039.jpg

b0138459_22483393.jpg

b0138459_2251080.jpg

b0138459_22513673.jpg



この日は前述の黄砂の影響なのか太陽に力がなく、期待していた日没後の小焼けもなかった。
[PR]

by peechan2008 | 2010-03-18 22:55 | 写真


<< 薬師寺伽藍 再び      花木の里 >>