2008年 08月 11日
落日(山の辺の道より)
山の辺の道は史実に残る最古の道です。
その歴史は古墳時代にまでさかのぼります。

太古は大和平野が湖でしたので平野の東の端を山すそを縫うように道が出来たそうです。

その後、湖は干上がっていき平野部に次々と幹線路が出来たため山の辺道は
廃れていきましたが誇張整備されずに当時の面影を残したままになったのは
逆に幸いかもしれません。

道の様子はあらためて見ていただくことにします。

EOS5D
EF70-200 2.8L



b0138459_21262012.jpg



[PR]

by peechan2008 | 2008-08-11 21:27 | 写真


<< 花火の光跡      燈花会その3 >>