2008年 10月 23日
錦秋いま盛りなり その2
大台ケ原ドライブウェイに関してはこういう見方もあるわけで自然というものに対する考え方は
人それぞれ違うのは当たり前で何が正解かというのは現時点で答えを出すのは無理なのかな・・・と。

自然というものは、そこにあるだけで財産であるけれど観光資源でもあるわけです。

そういう私も燃料を消費して年に何度も訪れるわけですから
大きな口をたたけないのは百も承知です。

とりあえずは「残していいのは足跡だけ、とっていいのは写真だけ」の精神でいく事にします!


苔むした倒木が年間降水量を物語っていますね。
b0138459_224366.jpg










大台ケ原ドライブウェイからの景色はどこを切り取っても絵になる。
言い方を変えればどこも同じように見える?

b0138459_2271232.jpg





b0138459_2274624.jpg




b0138459_228126.jpg




b0138459_2281627.jpg




b0138459_228333.jpg




b0138459_2285487.jpg





b0138459_2291235.jpg




b0138459_2293058.jpg





b0138459_2295825.jpg





b0138459_22102157.jpg




ガスがかかって遠景が見えないのでどれも同じような写真になっちゃいました・・・。
日本アルプスとは違う素晴らしさが紀伊山地にはあるのですが今回はお見せすることが
出来ずに残念です。



[PR]

by peechan2008 | 2008-10-23 22:16 | 写真


<< 特集・「ライトアッププロムナー...      錦秋いま盛りなり >>