2008年 11月 12日
談山神社、ちょっと紅葉には早かった・・・
奈良県桜井市にある談山神社(たんざんじんじゃ)です。

歴史の教科書でおなじみ、645年の大化の改新。
中大兄皇子[なかのおおえのおうじ]と中臣鎌足[なかとみのかまたり]たちが中心になって、蘇我[そが]氏をたおした、いわゆる今風にいうと政治クーデター。

その相談をこの山中で行ったので「談らい山」といわれているとか。

見事に蘇我入鹿(そがのいるか)の首がはねられている絵を見たことがある方も多いのでは?

見頃はあと1週間から2週間でしょうか。

EOS5D
タムロン17-35
タムロン28-75
EF70-200 2.8L
C-PL


b0138459_17745.jpg







日当たりの良いカエデは上の方から真っ赤に色づいていますが
影にある木々はまだまだ青葉です。
b0138459_1794560.jpg



b0138459_17101033.jpg



b0138459_17103290.jpg



b0138459_17105441.jpg



b0138459_17111559.jpg



b0138459_17135847.jpg



b0138459_17151094.jpg



b0138459_17153264.jpg



十三重塔横の権殿が平成の大修理で覆いがかけられています。
絵的には邪魔なのですが、まぁ仕方ないですね。
b0138459_1715586.jpg



b0138459_17162355.jpg






b0138459_1718083.jpg

[PR]

by peechan2008 | 2008-11-12 17:20 | 写真


<< 吉野山 高城山展望台      雑木林の秋 >>