<   2010年 03月 ( 26 )   > この月の画像一覧

2010年 03月 20日
薬師寺伽藍 再び
昨年の秋から解体修理のための調査で覆いが掛けられていた東塔。

先日から覆いが外された。

秋までは、この見事な伽藍を見ることができる。

その後、解体修理が終わる平成31年度(予定)までは、しばらく会えない。

今年の夏は薬師寺を追いかけようと思う。

b0138459_22332338.jpg

今、気付いたのだが金堂の左に興福寺の塔が見える。




三日月が沈もうとしている。
b0138459_22342788.jpg


b0138459_22343599.jpg

[PR]

by peechan2008 | 2010-03-20 22:36 | 写真
2010年 03月 18日
「太陽の道」・・・北緯34度32分
春分の日と秋分の日。

太陽の通り道。

伊勢から昇った太陽は三輪山(檜原神社)を通り淡路に沈む。

古代の人々は、この太陽を崇めた。

そのライン上に太陽崇拝と思われる古代祭司遺跡がつながっている。

太陽が沈んでいくその先に極楽浄土があるのでしょうか。




春分の日には、まだ少し日があるけど・・・。
その日が晴れるとは限らないので17日の晴れを利用して檜原神社へ出かけた。
b0138459_22463339.jpg

b0138459_22471828.jpg




黄砂の影響でしょうか。
沈む前から太陽は黄色かった。
b0138459_22482039.jpg

b0138459_22483393.jpg

b0138459_2251080.jpg

b0138459_22513673.jpg



この日は前述の黄砂の影響なのか太陽に力がなく、期待していた日没後の小焼けもなかった。
[PR]

by peechan2008 | 2010-03-18 22:55 | 写真
2010年 03月 17日
花木の里
吉野郡下市町から五條市西吉野町(旧西吉野村)にかけて切花の栽培が盛んです。

昨年の3月投稿の花木の里山 平群(へぐり)町 富貴畑と共に桃源郷と呼ぶにふさわしいところ。

天気予報では晴れ!だったのですが山あいの為か雲が低くて冷たい風が吹く日でした。

サンシュユと啓翁桜が見頃です。

啓翁桜は一晩で一気に咲いてしまう事もあるため見頃を捕まえるのが難しいです。

b0138459_16125918.jpg

b0138459_16153772.jpg

b0138459_16165747.jpg

b0138459_161758.jpg

b0138459_16171481.jpg

b0138459_16172771.jpg

b0138459_16175935.jpg

b0138459_1618225.jpg

b0138459_1619436.jpg

b0138459_16191756.jpg

b0138459_1619314.jpg

b0138459_16194647.jpg

b0138459_1620949.jpg



今年の春は寒暖の差が激しいです。

杉花粉のピークは過ぎたようですがヒノキ花粉が飛び始めました。(>_<)

しかし今年の花粉は大したことがなく私も花粉症の症状が出ていません。

体質が変わってしまったのかと思うくらい今年は平気です。

皆さんはいかがでしょう?
[PR]

by peechan2008 | 2010-03-17 16:25 | 写真
2010年 03月 16日
お茶と紅梅
奈良市郊外のお茶畑にて。

b0138459_22544987.jpg


b0138459_225511100.jpg



お茶畑の緑がもう少し鮮やかならよかったのですが・・・。

明朝は冷え込むようですね。
[PR]

by peechan2008 | 2010-03-16 23:23 | 写真
2010年 03月 15日
鹿が殺されました・・・
13日午前10時10分ごろ、奈良公園(奈良市)内の春日大社表参道で、

腹部に矢が刺さったメスジカが見つかった。

財団法人「奈良の鹿愛護会」の職員がシカを保護し

公園内の保護施設で獣医が14日に縫合手術をし、麻酔で眠っていた。


しかし15日の朝に死んでいるのが確認された。

矢はボーガンの矢であるとみられ、肺を貫通していたそうです。


人間を怖がらない鹿をボーガンで撃つとは、なんて卑劣な・・・。

打った奴は自分も打たれてみたら痛さがわかるだろう。


同会の池田佐知子事務局長は、

「先人が1300年以上守り続けてきた人とシカの共生を裏切る行為で、憤りを覚える」と話した。

まさにそのとおりだと思う。

今までに03年と08年に矢などが刺さったシカが見つかっているが、死ぬのは初めてであるという。



悲しいニュースです。




b0138459_200351.jpg


b0138459_2001495.jpg


b0138459_2002375.jpg

[PR]

by peechan2008 | 2010-03-15 20:04 | 雑談
2010年 03月 13日
1259回目の修二会(お水取り)最終回
12日、二月堂では修二会のクライマックスをむかえた。

普段より数段大きい籠松明とよばれるお松明が11本上がる。

この日は参拝者が多く、三脚を使用できるカメラマン席は報道陣のみに与えられアマチュアカメラマンは入れない。

日付が変わった13日の深夜午前2時、本尊十一面観音に供える香水(こうずい)を若狭井戸から汲みあげる

いわゆる「お水取り」である。


b0138459_23313737.jpg

b0138459_23314787.jpg

b0138459_23315573.jpg

b0138459_23334738.jpg

b0138459_23335534.jpg

b0138459_23341162.jpg

b0138459_23343899.jpg

b0138459_23344943.jpg

b0138459_23345673.jpg


13日、14日もお松明は上がるが籠松明はこの日だけ。

新聞やニュースで報道されるのもこの日の様子がほとんどなので

お水取りは12日だけの行事であると思っている方々が多いかもしれない。
[PR]

by peechan2008 | 2010-03-13 23:32 | 写真
2010年 03月 13日
1259回目の修二会(お水取り)最終回Ⅱ
お松明は滞りなく終わり、参拝者は思い思いに帰路につく。

警備や交通規制のガードマンや警官もお役御免になる。

b0138459_23425155.jpg
b0138459_23425939.jpg
b0138459_23432632.jpg
b0138459_2343343.jpg
b0138459_23434185.jpg
b0138459_23434940.jpg
b0138459_23435785.jpg
b0138459_23442636.jpg
b0138459_23443585.jpg



報道カメラマンはその場で本社にデータを送り、明日の朝刊やニュースに間に合わせる。

デジタル時代ならではの光景があちらこちらで見られる。

異国の人達には、このような日本の行事はどのように見えるのでしょう。



14日で修二会は終わり、大和路には、まもなく桜の季節がやってくる。
[PR]

by peechan2008 | 2010-03-13 23:20 | 写真
2010年 03月 13日
1259回目の修二会(お水取り)番外編
今年の1月に若草山の山焼きを見たポイントからの二月堂の様子。

b0138459_6563314.jpg






こちらは昨年のお水取り、カメラマン席からのお松明。
b0138459_658042.jpg

この角度から撮れるのは今年が最後でした。

来年からはアマチュアカメラマンへの三脚許可証が廃止されます。

残念ですが仕方ないですね・・・。

今年も許可証はもらっていたのですが結局、カメラマン席からは撮らずでした。

撮りたい写真のイメージはあるのですが、今年も実現せずです。

来年の課題として・・・。
[PR]

by peechan2008 | 2010-03-13 21:54 | 写真
2010年 03月 12日
一日の終わりに・・・
太古、いや、つい百年ちょっと以前。

電灯やガス灯が普及するまでは太陽とともに生活のサイクルがあった。

春分の日、秋分の日を彼岸の中日と言います。

仏教では、極楽浄土の世界が西方にあるとされていました。

そのため真西に沈んでいく夕日を拝んで熱心に念仏を唱えれば、かならず極楽に往生できると信じた。

大和路にも太陽の道に関する言い伝えがたくさんあります。

たとえば・・・

昨年の1月投稿のこんな話なんかも面白いです。


b0138459_2246720.jpg


b0138459_22462933.jpg

雁か白鳥の群れなら絵になるんでしょうが・・・
悲しいかな大和路に白鳥は飛来しません。
カラスが大群でねぐらへ帰るくらいです・・・。
b0138459_22463926.jpg

[PR]

by peechan2008 | 2010-03-12 22:49 | 写真
2010年 03月 11日
妖艶
毎年、楽しみにしている梅の木。

その言葉のとおり怪しく美しい紅梅が斑鳩にあります。

地主さんのご好意でライトアップされている。

その美しさに遠方より見物に来られるそうです。

b0138459_22383631.jpg


b0138459_22385410.jpg


b0138459_2239557.jpg


後ろの塔は斑鳩三塔のひとつ法輪時。

昼間の写真はこちらの記事で。2月の終わりに・・・の9枚目をどうぞ。

明日から昼間は暖かくなるようですね。

朝晩はまだまだ暖房の必要な気温です。

温度差に体調を崩されませんように・・・。

自分自身にも・・・。
[PR]

by peechan2008 | 2010-03-11 22:44 | 写真